過払い金と言う言葉を聞いたことがある人は少なくありません。消費者金融などからお金を借りる際、何%かの利息がつきます。

この利息は本来貸し出す金額に応じて、15%から20%と利息制限法によって定められていますが、これより高い金利であっても、貸す側に刑事罰は負わされません。

5年以下の懲役、または1000万円以下の罰金という刑罰が適用されるのは出資法によって定められた29.2%を超えた時だけなのです。

その為多くの消費者金融が20%以上29.2%未満の法律のグレーゾーンをついた金利で貸し出しを実行してきました。これがいわゆるグレーソーン金利です。しかしあくまでも利息は利息制限法の適用範囲内でなければなりません。

ですから不当に高い利息で借金を返済していた場合、余計に払った分を返してもらうことができるのです。これを過払い金請求と言います。過払い金請求をするには弁護士など法律のプロに依頼する方法と、自分で行う方法とあります。

過払い金請求と言う行為そのものには法律資格は必要ありませんから、すべてを自分で行うことも可能です。ただしとても手間がかかること、また時間もかかります。また過払い金請求というのは無条件でできるわけではありません。

請求できる期間があります。一般的には最後の取引から10年間とされています。請求したからと言って過払い分100%が戻って来るとはかぎりませんから、一度過払い金の計算機などを利用して確認してみましょう。

いざ行動ということになれば、弁護士などに相談するほうが手間がかからずスムーズに進みます。ただし弁護士費用と言うものがありますので、返ってくる金額によっては赤字になってしまうことも無いとは言い切れません。

このあたりは一度相談に行ってからどうするべきかを決めることをおすすめします。各都道府県にある弁護士会では法律相談センターを設置し、そこでは弁護士が借金問題はもちろんその他の個人的な問題に関して相談を受け付けています。

ほとんどの場合は30分5250円という相談費用がかかりますが、過払い金請求に関しての場合は無料というところもありますので、一度お住まいの都道府県の弁護士会のホームページや、役所の相談コーナーなどを覗いてみてください。きっと有益なアドバイスがもらえることでしょう。