過払い金とは、クレジット会社や消費者金融、大手デパートのカードなどの賃金業者によって知らないうちに利息制限法の上限を超えて取り続けられた利息のことを言います。過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれています。キャッシングをすることで、利用者は賃金業者に対して利息を払う必要があります。日本では、利息制限法という法律が定められており、総額10万円から100万円未満のキャッシングについて、18パーセント以上の利息を取ってはいけないとされています。

しかしながら、多くの賃金業者がこの法律に反して、18パーセント以上の利息を長年にわたって取っていました。そのため、裁判によって消費者金融などの賃金業者は、利息制限法の上限を超えた過払い金をキャッシング利用者に返還しなければならないという判決が下されました。そして、現在はキャッシング利用者が払いすぎた利息を取り戻すために、過払い金請求手続きを行う権利が認められており、返還を求めることができます。

キャッシングの支払いを終えている人が過払い金請求手続きをすることでデメリットが発生することは特にありません。誰かに知られるということもなく、過払い金を取り戻すことができます。しかし、過払い金請求は、キャッシングの完済をした翌日から10年を経過することで時効になるため注意が必要です。また、消費者金融などの賃金業者が倒産した場合にも請求手続きを行えなくなるという点にも気をつける必要があります。

過払い金が発生している可能性が高いのは、2010年までの間に消費者金融やクレジットカードを利用したキャッシングをした人です。過払い金請求の手続きを行う際には、自分で手続きすることも可能ですが、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をして返還を求めるのが一般的です。初回相談は無料であるケースも多いため、まずは相談してみることが大切です。しかし、弁護士や司法書士などを選ぶ場合には、報酬の相場などを知り、信頼の置ける専門家を選ぶ必要があります。

山口県内において過払い金請求を行う場合には、下関市がお勧めです。下関市は、山口県の中でも債務整理の評判が良い弁護士や司法書士が多く集まっており、過払い金請求について有名な地です。下関市以外で弁護士や司法書士を探すのであれば、県庁所在地がある山口市や空港がある宇部市などのエリアにも、任意整理弁護士や司法書士の優秀な人材が多いとされているためお勧めです。