過払い金請求は、本来払う必要のない払いすぎたお金を貸金業者に請求して取り戻す手続きのことです。払いすぎたお金、すなわち過払い金は貸金業者からの借入の際の金利が利息制限法で決められている上限を超えた利率であった場合に発生するもので、長期にわたって取引をしていた人はその超過分が積もり積もって高額になっていることもあります。

過払い金請求は、まだその貸金業者に債務が残っている人でも既に完済した人でも手続きが可能です。しかし、過払い金請求には時効の壁が存在します。最後にその貸金業者と取引をした日から10年が経つと時効が成立してしまいます。ですので、取引履歴の日付を確認して余裕を持って早めに手続きをすることが大切です。

手続きは、個人で引き直し計算をして貸金業者に請求をして交渉を行うことも可能ですが、より効率的に確実にスピーディーに行うためには法律事務所の弁護士に手続きを依頼するのがベターな方法です。個人で行うとなると手間や時間を要しますし、貸金業者との交渉における駆け引きに負けてしまう可能性もあるからです。法律のプロである弁護士にお任せしてしっかりとお金を取り戻しましょう。

そのために、まずは手続きを依頼する弁護士を探さなければなりません。弁護士が常駐する法律事務所は全国各地に存在し、山形県にも山形市、酒田市、新庄市、米沢市、鶴岡市などを中心に数多くの弁護士が法律事務所を構えています。その中でもとくに法律事務所が密集しているのが山形地方裁判所がある山形市旅篭町です。

ホームページを開設している事務所もたくさんありますので常駐している弁護士の得意分野や実績や弁護士費用などについてチェックしてみましょう。初回の法律相談は無料であることが多いのでまずは問い合わせをしてみましょう。

法律事務所に直接依頼をするという方法のほかに、弁護士会や自治体が定期的に開催している無料法律相談会に参加してみるという方法もあります。その場合は、開催状況を確認して参加の申し込みをする必要があります。無料という性質上、すぐに定員オーバーとなり受付が早めに締め切られることもありますので計画的に早めの申し込みを心がけましょう。

そのときに担当してもらった弁護士に今後の手続きについての依頼をすることもできますので、スムーズに進めるために貸金業者との取引履歴や契約書や督促状などの債務状況が把握できる書類を持参しましょう。無料法律相談会のほかにも、有料相談や電話相談や借金問題専用の窓口などがありますので上手に活用して問題の解決に役立てましょう。