消費者金融利用歴が長い人は、過払い金請求をすることによって、今ある借金の額を減らせる可能性があります。たとえば、和歌山県に住んでいる人が、消費者金融を10年以上の長きに渡って継続的に利用しており、今現在も借金返済中であるという場合は、和歌山県内で営業している弁護士や司法書士に相談してみるとよいです。和歌山県には、過払い金請求に力を注いでいる弁護士や司法書士がたくさんいますので、頼りにすることができます。  

過払い金というのは、利息制限法に定められた上限利率を超える金利でお金を借りた場合に発生する払いすぎたお金のことです。昔は、利息制限法の定めに違反する貸し付けを行っても、出資法に違反していない限り、貸金業者が罰っせられることはありませんでした。

また、お金が借りた人が任意に支払ったグレーゾーン金利は有効だとされていたため、高い金利でお金を借りていた人がたくさんいました。しかし、裁判の積み重ねによってグレーゾーン金利の無効性が正式に認められるに至り、法的根拠もなく支払われた過払い金を返還してもらうことができるようになりました。

既に借金の返済が終わっている人は、過払い金請求をして払いすぎていたお金を返してもらうことになりますが、まだ返済中の人は、払いすぎていたお金を元金の返済に充当することになります。利息ではなく元金部分に充当することができるため、借金の総額を大幅に減らせる可能性があります。

残債額を減らすことができれば、月々の返済額を少なくしたり返済期間を短くしたりすることが可能になります。いずれの場合も、借金返済の負担をグッと軽くすることができるため、完済の具体的な目処が立つようになります。  

借金をすること自体は悪いことでも何でもありませんが、借金がない方がよいのは確かです。実際に、過払い金請求をするために弁護士や司法書士に利息の引き直し計算をしてもらった結果、残債が0円になってしまうケースが意外なほどたくさんあります。

とても複雑な計算が必要になるため、素人が自分で利息の引き直し計算をするのはまず不可能ですが、弁護士や司法書士に相談すれば、専用ソフトを使って短時間で計算してもらうことができます。  

この過払い金請求権は、最後に取引を行った日から10年で時効にかかることになっていますので、過払い金請求をしたいと希望している人は、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談する必要があります。