現在CMなどでも過払い金請求をアピールする弁護士や司法書士が増えました。この過払い金請求を行う上での注意点を今回は書きたいと思います。

過払い金請求は債務者が正当な権利を行使する行為なので問題はありません。権利がある以上過払い金が発生していれば、それを返還して貰えるように請求することは当然の行為です。

この過払い金は債権という扱いになりますので時効が存在します。民法による債権の時効は10年とされていて、過払いが発生した時点から10年を過ぎた債権(過払い金)は請求する権利を失うことになります。

ですから過払い金請求を行う時は、まず始めにこれまでの取引履歴を取り寄せることが重要です。取引履歴は取引を行っている業者に請求すれば手に入れることができます。

この取引履歴の開示は業者側は拒むことはできませんので、もし当社はそのような物はありません等という理由で拒む場合は、弁護士に相談すると一言言えば出さずにはいられないでしょう。

また、取引履歴の改竄の可能性も否定できませんので、手元に明細書や契約書などがあるならば、照らし合わせて確認することをおすすめします。現在これほどまでに知られるようになった過払い金請求ですから、業者側もまず素直に交渉を行ってくると思います。

よほど小さな会社でないかぎり、この手の事件には慣れていますので、交渉はすんなり終了することが多いです。過払い金請求は個人でも行うことが可能で、特に弁護士や司法書士に依頼しなくても、ちょっと勉強するだけでできます。

メリットは弁護士や司法書士への依頼料などの費用が抑えられることです。デメリットとしては、きちんと知識を持って臨まなければ、業者側の言いなりになって損をする可能性があると言うことです。もし知識などに自信がないのであれば、弁護士や司法書士に依頼することが確実で安心できると思います。

長期の取引があれば、現在返済している債務(借金)は過払い金との相殺で無くなる可能性もあります。また過払い金が多い場合は残債務に充てても残る場合があり、そのお金はあなたのお金として手元に入ってくることになります。現在取引のある方は一度過払い金について調べてみることをおすすめします。