過去に利息制限法の上限を超える高い金利で消費者金融からお金を借りていた人は、過払い金請求をすることによって払いすぎた分のお金を取り戻すことができます。富山県に住んでいる人が自分が支払った過払い金を取り戻したいと考えているのであれば、富山県内に事務所を構えている弁護士や司法書士に相談してみるとよいです。富山県には、過払い金請求に力を注いでいる弁護士や司法書士がたくさんいますので、きっと力になってもらうことができます。  

時折、自分がお金を借りていた消費者金融がもう潰れてしまっているので、過払い金請求をすることができないと諦めている人がいます。しかし、潰れた消費者金融が有していた債権や債務を別の業者が引き継いでいる場合がありますので、簡単に諦めてしまう必要はありません。とはいえ、法律の専門知識や調査ノウハウを何も有していない素人が、潰れた消費者金融が負っていた債務を引き継いだ会社があるかどうかを調べるのは容易なことではありません。

また、たとえ運良く見つけることができたとしても、具体的にどのようなアクションを起こせばよいのかサッパリわからないという人が大半です。でも、弁護士や司法書士はその道のプロですから、過払い金を取り戻すために必要な手続きを遺漏なく取ってくれます。手数料はかかりますが、安心して全部任せてしまえるというメリットがあります。  

また、過去に消費者金融から高利でお金を借りていたことは事実だけれど、それを証明できる書類が手元に一切残っていないという人が少なくありません。トータルでいくら位のお金を返済したかについても漠然とした記憶しか残っていないという人が案外多いです。そのような状態では過払い金請求をすることなどできないはずだと思い込んでいる人が多いですが、それは大きな誤解です。

だいたいいつ頃の時期に、どの消費者金融からいくら位のお金を借りていたのかということが大雑把にわかってさえいれば、過払い金を取り戻せる可能性が十分にあります。なぜかというと、消費者金融各社は、顧客からの求めに応じて、自らが有している取引情報を開示する義務を負っているためです。

ただし、普通の人が消費者金融の店舗に電話をかけて口頭で取引履歴の開示を請求したとしても、まともに取り合ってもらうことができません。でも、弁護士や司法書士が本人の代理人として開示請求を行えば、すぐに対応してもらうことができます。消費者金融から取り寄せた取引情報を元にして過払い金の額を計算することができますので、手元に証拠が残っていないからといって簡単に諦めてしまう必要はありません。