鳥取県にお住まいの方で、これまでカード会社・消費者金融でお金を借りた事のある方、過払い金が発生したりしていないでしょうか。 法律では『利息制限法』が定められていますがこの法律にはグレーゾーンがあり、少し前まで高い利息でお金を貸している業者がいくつもあったのです。 しかし法律が見直され、このグレーゾーンによって多目に取られていた利息(つまり過払い金)を手続きにより取り戻す事ができる様になりました。

それでは、過払い金の発生している可能性のあるのはどんな人でしょうか。それは“2010年までに消費者金融・カード会社でのキャッシング”をされた方全員に当たります。『その頃に借りた事があったけど完済したからもう関係ない』と思っている方、すでに返済していても請求できますのでどうか諦めないで下さいね。現在はネット上で過払い金の計算をしてくれるサイトもあるのでまずはそこから確認してみても良いのではないでしょうか。(サイトでの計算はあくまでも目安です。これだけでは返還請求はできません)

ではここから、過払い金請求の順序を簡単に説明していきます。 まず、貸金業者との取引履歴を取り寄せなければいけません。思い当たる業者が複数ある方はしっかり思い出して下さい、取り寄せるためにその取引のある(あった)業者に連絡を取らなければならないからです。

次に過払い金がいくら発生しているのかを計算します。以前払っていた利息から正しい利息を引いて出します。 その後、業者に過払い金請求の交渉をして過払い金を返してもらう訳です。 ここまで読まれて自分で過払い金請求しようと思った方と、それでどうすればいいのかと思われた方があると思います。

しかし、両者共に専門家の第三者に依頼する事をおすすめし致します。 何故なら、業者への交渉・利息計算・返還請求の書類等、時間のかかる事、専門分野の知識が必要な事が多過ぎるからです。専門家に頼むとその分の依頼料は発生しますが、自分で動いた場合の時給発生と思ったら決して高いものではないはずです。

しかし弁護士や司法書士に知り合いやツテはそうそうありませんよね。鳥取でどこに頼めばよいのか・いきなり専門家への電話、訪問というのも気が引ける…、なんて思ってしまうかも知れませんね。ですがご安心下さい。地元法律事務所などが鳥取の各市町村で会場を借り『債務整理の無料相談会』を行なっております。そちらなら気軽にご相談もしやすいのではないでしょうか? 大切なお金、少しでも早く手元に戻っきますように、ぜひ行動して下さい。