最近はテレビなどのメディアにも取り上げられることが多い過払い金、名前だけは聞いたことがあるという人も増えていると思います。しかし、その仕組みまで理解している人はそれほど多くはないでしょう。借金が減る、場合によっては借金が無くなったばかりかお金が返ってくる可能性があるということで良いことばかりに思える過払い金請求とは一体どのようなものななのでしょうか。

あまりに良いことばかりだと裏があるのではと思う人がいても不思議ではありませんが、過払い請求に関しては申請するデメリットはほとんどありません。しかし、借金をしている人誰もが過払い金請求を行えるかというとそういうわけではありません。

では、どのような場合に過払い金請求を行えるかというとそれにはお金を借りる際の法律を理解する必要があります。世の中には銀行を始めとし、お金を貸してくれるサービスを行なっている業者がたくさんいます。

中でも消費者金融系はその借りやすさから多くの人が利用しています。お金を借りる際に必ず発生するもの、それが利息なのですがこのお金の貸し借りにとても重要な利息を定める法律が二つあるのが問題なのです。二つの法律というのは利息制限法と出資法という法律で、この二つが全く同じように定められていれば問題は起きないわけですが、実際にはずれがあるのです。

利息制限法では100万円以上は年15%、10万円未満でも年20%と決められています。しかし、実際にはこれ以上の利息を取っている業者もたくさんいます。それはもう一つの法律である出資法の場合は年29.2%となっているからなのです。

そして、利息制限法には罰則が存在せず出資法だけに罰則が存在するので業者は利息が高い方の出資法を基準とするのです。これをグレーゾーン金利と言います。しかしながら罰則が存在しないからといって法的には認められていない利息なので、然るべき手順を踏んで申請を行なうことで払いすぎてしまった利息分のお金を返却を求める過払い金請求が行えるというわけです。

高い利息を長い間支払っているといった場合にはその対象になる可能性が高くなります。個人で手続きも行なうことが可能ですが、裁判所に出かけたり書類を用意するなど一般人にはなかなか難しいので法律の専門家の手を借りるのが良いでしょう。