過払い金請求というものは、お金に対する借り入れを行うことによって不当となる利息に対する請求を行われて、そのことに気付かないで不当な利息に対する支払いに応じてしまった人に発生する、法律によって定められた法定金利というものに対するルール違反を行った金融機関側に対して、借り入れをしている人が行うことができる当然の権利であり、過払い金請求を行うことによって、不当な請求によって支払われてしまったお金に対する返済を求めることができるという、いわば弱者となる借り入れを行った人に対する救済措置ともいうべき存在となっております。

過払い金請求では、法定金利によって定められている金利以上の不当な請求によって支払われた金利分を、請求することによって取り戻すことができる存在となりますので、借入れを行ったすべての人に対して行われてることができる請求権というものではなく、あくまでも違法な金利の請求を行って金融機関側が得た不当な利益というものを返還することを目的とした請求に対する権利となります。

過払い金請求の権利というものを持った人は、速やかに過払いの被害にあったことが発覚した際には、権利を行使するということが大切で、違法な請求に対する被害者であるということを認識しておく必要があり、違法行為によって金融機関が得たお金を被害者に対して返還させるための権利となりますので、借り入れを行っている立場であることは関係なく、弱者救済のための措置であることを知ってきちんと行うことが大切で、ご自身が被害者であるという認識の下で恥じるべき事柄でもないということを知り、きちんとあるべきお金を取り戻すために請求を行うことが大切になります。

過払い金というものは、違法な請求を行い不当な利益を得た金融機関側に対する今後同様の行為を繰り返させないためにも必要な行為となりますので、手間を惜しむことなく、また金額の大小などに関わらずきちんと権利を行使するということが、金融機関側の不当な請求というものを防止することにも繋がりますので、ご自身だけの問題として捉えることなく、一人一人の被害者が権利を行使して過払い金請求を行うということが必要とされます。