本来であれば払う必要のないお金を払ってしまった場合、それは過払い金請求の対象になりますので、訴えを起こすことで回収のための準備を始めることができます。

では、この過払い金請求を起こすタイミングはいつならば良いのかと言いますと、基本的に返済後であっても返済中であっても大丈夫ですので、現在債務を返済中の人も、既に完済してしまった人も一度金利を計算し、それが利息制限法を越えているかどうか確認することをオススメします。

利息制限法の限度額を超過して返済をしていましたら、たとえ返済中であっても既に返済した分のうち、超過分を取り戻すことができます。

取り戻した分を残りの債務にあてることで、債務者としては完済のスピードを早めることができるというメリットの他に、今後は利息制限法の利率の範囲内で返済することになりますので、負担を減らしながら債務の返済をすることができます。

過払い金請求を起こすメリットはこのような返済中の人だけでなく、もちろん完済をしてしまった人であっても過払い金を取り戻すというメリットを享受することができます。取引履歴を開示することで、お金を借りてから返済するまでのすべての履歴を知ることができます。

この履歴を計算することで過払い金がいくらになるのかがわかるのですが、利息の計算が面倒だと感じる人は、プロに全てを任せてしまうことで複雑な計算に頭を悩ますことなく、過払い金請求の準備を粛々と進めることができます。

このような訴えを起こす場合は基本的に弁護士か司法書士に相談することになりますが、法律家といってもその専門分野は民事から刑事まで実に様々です。そこで、過払い金請求の訴えを起こす場合は、金融関連の訴訟に強い弁護士がオススメになりますので、インターネットなどの情報を参考に、もっとも助けになる弁護士や司法書士を探すと良いです。

弁護士と相談をすることで、交渉力のあるプロならば民事訴訟にまで発展する前に仕事を遂行してくれます。裁判になりますと訴訟のための費用が発生し、それは債務者が負担する形になりますが、訴訟を起こす前の段階で過払い金の返還に応じてもらうことで、そのような費用を抑えることができるからです。

交渉のプロである弁護士は裁判になる手前で過払い金を取り戻すためのありとあらゆるノウハウを知っていますので、過払い金関連の訴訟に強い弁護士がもっとも頼りになります。