最近よく耳にするのが、過払い金請求という言葉です。弁護士や司法書士の広告などでも、目にすることがあります。以前は通常の生活をしている上では、一般の人にはあまり関わることがない言葉でした。しかし、一時的にまとまった出費が必要な際などに、軽い気持ちでキャッシングを利用する主婦などが増えた結果、キャッシングを利用する裾野が広がり、このような言葉や広告がよく見られるようになったのです。

そもそも過払い金とは、ごく簡単に言うと貸金業者に払いすぎたお金、ということになります。ところが、若干の誤解をされていることがあります。現在利息制限法に定められた法定利息は、元本10万円未満については年20%、10万円以上100万円未満については年18%、100万円以上については年15%となっています。

このため、この利率を越える利息を払うように取り決めた約定は、無効となります。判例で、利息制限法に定められた制限利率を越えて支払った分は、元本に充当されるという判決が確定しています。

では制限利率を越えて支払った分が即、過払い金になるのかというと、そういう訳ではありません。支払いすぎた分をすぐに返還請求できるわけではなく、返還請求できるのは、すでに債務が無い場合に限られます。

つまり、法定利率で計算しなおした結果、それでもまだ債務が残る場合は、過払い金は発生しておらず、法定利率で計算しなおしてみたら、債務が残っていないばかりか過払い状態になっている場合は、その部分が過払い金となって、返還請求ができるということです。

過払い金の計算方法については、大きくわけて3通りあります。弁護士事務所や司法書士の事務所ごとに、どの計算方法を取っているかはバラバラです。業者に取って一番有利なのは、無利息方式と呼ばれるものです。

過払い金自体に利息が発生していないという考え方ですので、この計算方式ですと、一番返還金が少なくなってしまいます。請求者に取って一番有利なのは、利息充当方式です。このように、どの弁護士事務所、あるいは司法書士事務所に過払い金請求を依頼するかによって、返還金の額が変わってきてしまいます。過払い金請求をする際には、その辺りも調べてみると良いです。