過払い金請求は自分自身で行うことも可能ですが、自分自身で行うには、過払い金の算定を正確に行い、消費者金融との交渉も自分自身で行うことが必要になります。相手は交渉のプロですので、過払い金請求を成功させるためには、かなりの交渉力が要求されます。

交渉が決裂した場合には裁判で決着をつけなければならず、そうなると素人の手には負えません。過払い金請求を成功させて過払い金を回収するには、司法書士の力を借りることが望ましいです。滋賀県には過払い金請求を得意としている認定司法書士がいますので、滋賀県の認定司法書士に任せると、過払い金請求の全ての手続きを代行してもらうことができます。

裁判になった時でも認定司法書士であれば、簡易裁判所での裁判が可能になります。過払い金請求を滋賀県の司法書士に依頼する際には、委任契約を締結します。委任契約を締結すると債権者に対して受任通知が送達され、その時点で債権者からの借金の取立てはストップします。

債権者から執拗に借金の取立てをされて困っている人は、取立ての苦痛から解放されます。借金の取立ての電話もストップしますので、借金の取立ての電話に悩まされていた人は一瞬で悩みが解消します。自分自身で過払い金の返還請求をするには膨大な時間がかかりますが、滋賀県の司法書士に依頼すると、迅速に過払い金を回収してもらえます。

全ての手続きは滋賀県の司法書士がしてくれるので、その間は普段通りに自分の仕事をすることができます。滋賀県の司法書士に過払い金の返還請求を依頼することによって、普段通りの日常生活を送りながら、過払い金の回収をすることが可能になります。家族に黙って消費者金融からお金を借りていた人は、自分自身で過払い金の返還請求をすると、家族に借金をしていたことがバレてしまいます。

司法書士に頼むと家族に知られることなく過払い金を取り戻すことができます。司法書士には守秘義務がありますので、司法書士に依頼したことは家族にも職場にも知られることはないので安心です。司法書士に過払い金の返還請求を依頼した時には、報酬を支払うことが必要になります。報酬の支払いは取り戻した過払い金から充当することができますので、まとまったお金がなくても司法書士に仕事を頼むことができます。

過払い金の返還請求は、既に借金の返済が終了している人でも行うことができます。もしも昔に消費者金融を利用したことがある人は、過払い金が戻ってくることがありますので、司法書士に相談することをおすすめします。