埼玉県に住んでいる人が、過去に払いすぎた金利分を取り戻したいと考えているのであれば、なるべく早くアクションを起こす必要があります。これは埼玉県在住の人に限らず、全国のどこに住んでいる人にも共通して言えることですが、過払い金請求には一定の期限があります。ごく大雑把に言ってしまうと、あと1年ほどで過払い金請求をすることができなくなってしまいますので、過去に高額の金利を支払っていた経験を持つ人は急いで返還請求手続きを取る必要があります。  

この過払い金請求権は、10年で消滅時効にかかることになっています。時効の起算点は最後に消費者金融と取引をした時になりますので、最後の返済日からまだ10年経っていない人は払いすぎた金利分を消費者金融から取り戻せる可能性があります。

起算日から10年経った時点で自動的に返還請求権が消滅時効にかかるわけではないのですが、金融のプロである消費者金融が時効を援用しないはずはないと考えておくのが無難です。ですので、過払い金の心当たりがある人は、今すぐに専門家に相談して過払い金請求手続きを取るようにした方がよいです。  

埼玉県内には、業務内容を過払い金請求だけに特化して活動している司法書士がいます。司法書士の訴訟代理権には限度額があるため、利用しにくいと思い込んでいる人が少なくありませんが、それは大きな誤解です。

法務大臣の認定を受けた司法書士は、訴額が140万円以下の案件の訴訟代理人になることができます。もう少し正確に言うと、裁判が簡易裁判所に係属している場合のみという制限も受けるのですが、過払い金請求案件の場合は、ほとんどがこの要件を満たしています。

たとえば、複数の消費者金融から借金をしていた人は、過払い金の合計額が140万円を超えてしまうことが少なくありません。しかし、訴額が140万円を超えているのかどうかについては、合計額で考えるのではなく、消費者金融ごとに判断することになっています。

ですので、訴額の制限に引っかかってしまうケースは実際にはそう多くありません。また、少額訴訟手続きという簡易な訴訟手続きを取れば済んでしまうケースが多いため、司法書士でも十分に対応することができます。  

埼玉県には、借金問題に強い関心を持ち、弱い立場の消費者に寄り添って活動していることで全国的に有名になっている司法書士がいます。司法書士の方が弁護士よりも料金が安くなっているため、実際に多くの人が司法書士のサポートを受けています。