借金の返済に追われていて、いつの間にか払いすぎていたというケースは非常に多く、この超過した支払い分を過払い金と言います。過払い金は実は手続きに則って返還の請求をすることで、合法的に取り戻すことができます。佐賀にも消費者金融や信販会社などが多くあり、それらから借金をしていた人が後から利息を支払い過ぎていたというケースが多く、過払い金請求のための手続きを希望する人が多数います。

請求は自分で行うことも可能ですが、手続きが非常に煩雑で、法律の知識も必要とあってほとんどの人は専門家へ依頼することで請求をしています。専門家として手続きができるのは弁護士と司法書士です。これは過払い金請求が債務整理、つまり借金の整理にあたるためで、その手続きを行えるのがこの2つの法律専門家となります。手続き上の弁護士と司法書士の違いは借金と過払い金の両方を足して140万円以上の場合は弁護士のみが、それ以下の金額の場合は弁護士と司法書士の両方が扱うことができるという違いがあります。

そのため過払い金も含めて、借金の総額が多かった人は弁護士に依頼をすることになります。しかし弁護士や司法書士ならば誰でも過払い金請求を出来る訳ではなく、あくまでその知識と専門性を備えた人物に依頼をする必要があります。佐賀においても相談の実績人数で1,000人以上を数える事務所が多数あるので、相談が必要な場合は実績を重視して弁護士や司法書士を選ぶことが大切です。

また過払い金請求は借金の整理にあたるため、その依頼を知られたくないと考える人が多数います。プライバシーの取り扱いに関しては事務所選びで重視したい項目ですが、佐賀ならば相談の秘密を守ることはもちろん、相談も匿名で出来る事務所が複数あり、こちらの個人情報を教えずに最初は相談することも可能です。

気になるのは過払い金請求の手続き費用ですが、成功報酬制を採用している所も佐賀には多くあり、料金実例としては基本報酬が1契約あたり20,000円、既に完済した業者ならば無料となり、これに成功報酬が20%となっている法務事務所があります。基本報酬を低く抑えているので、依頼者にとっても相談、手続きがしやすい料金体系です。

また過払い金請求は手続きの前に、過払い金がいくら存在するのか計算が必要です。その計算も無料で行ってくれる事務所が佐賀にはあるので、過払い金の有無やその金額が分からない人は、それらの事務所に相談をしてみるのも安心できるはずです。