過払い金請求自体は広く知られるところとなり、現在ではCMも頻繁に流れています。過払い金請求を行いたいと思っている方は、これから書く知識を持っていた方がよりお得に過払い金請求を行うことができます。

現在あなたが借入ているお金には利息が付いていると思います。月々の返済は元本充当分に利息を加えたものを返済しています。借金に利息が付くことは法律で認められていますし、社会通念上でも常識として認識されていることです。

実は過払い金にも利息を付けて請求することができます。なぜかと言うと、過払い金は返し過ぎたお金であって本来業者側が正当に得られる利益ではないからです。

これを不当利得と言います。さらに業者側は過払い金が発生した時点で、その過払い金を不当利得として借主に返済しなければなりませんが、現在返済されていない状況ですので悪意の受益者と言う立場になります。

悪意の受益者には年5分つまり年利5%の利息をつけることができると法律では定められていますので過払い金に利息を加えて請求することが可能となるのです。これらの知識を持っていれば過払い金請求を行う時に、過払い金に対して年5%の金利を加えて請求することができますので、より多くの過払い金を取り戻すことができます。

年利の発生時期については、完済後の請求であれば完済した日から計算することになります。現在も返済中であれば、遅延利息として現在の元本に充当して計算することになりますので、ちょっと計算がややこしくなってきます。

もし計算に自信のない方は、過払い金の計算ソフトがネット上にフリーソフトでありますので、そういったツールを使用された方が良いかも知れません。もちろん弁護士や司法書士に依頼すれば、過払い金の計算も行ってくれますので、利息も加えて請求して欲しい旨を伝えて依頼すると良いです。

利息まで取り戻したい意向を伝えると、利息分を含めた計算を行ってくれると思います。このように、過払い金に利息を加えて請求できることを知っているかいないかで、取り戻せる金額が大きく変わる可能性があります。どうせ過払い金を請求するならば、少しでも多くの金額を取り戻せるように頑張って下さい。