消費者金融、クレジット会社、デパートなどの流通系といった貸金業者が利息制限法によって定められている利率の上限以上の利息を取り続けていたことが大きな問題となっています。大分でもキャッシング利用者の多くが、本来の利息以上の支払いを請求されていたことが分かっています。この取り過ぎた分の利息を過払い金、あるいはグレーゾーン金利と呼びます。

特に現在5年以上の長期間に渡って借金の返済を続けていた人は過払いとなっている可能性が高いですが、それ以外にも過去に消費者金融などから長期に借りていた人も過払いの可能性があります。これらの余分に支払っていた利息は、法律に基づいた返還請求手続きを行うことで、例え過去の借金であっても超過分を取り返すことが可能です。この手続きが過払い金請求であり、弁護士や司法書士に相談をすることで、過払い金の有無とその金額について調査をしてもらえます。

その結果、過払い金請求が可能な場合は、一定の費用を支払うことでその手続きのほぼ全てを代行してもらえます。仮に契約書や領収書がすでに無くても、業者に請求をすることで履歴を取り寄せることができます。請求に際して信用情報の記載を気にする人もいますが、過払い金請求を行ってもすでに借金を完済している場合は信用情報が記載されることが無いのが、この手続きです。そのため今後の借入れにも支障が出ることは無く、安心して請求ができます。

また過払い金請求を希望する人は、過去もしくは現在も借金を多く抱えているケースがほとんどです。そのため手続きに掛かる費用を気にする人も多くいます。しかしお金が無いからと、過払い金が存在するかも知れないのにその返還を請求しないのは勿体無い事です。請求の相談は大分でも無料で行うことが可能な事務所がほとんどです。

相談後の実際に過払い金があるかの調査や計算に関しても大分の弁護士事務所や司法書士事務所ならば、無料で行ってくれる所が多数あります。費用の支払いは、あくまで着手する時に生じるので現在お金に困っている場合でも、躊躇せずに大分のこれらの事務所に相談をすることで問題解決の糸口となるはずです。またその費用の支払いも、一括ではなく分割払いができるところが大分ではほとんどです。

借金の返済を行いながらでも負担にならないように費用の支払いに関しても配慮がされています。さらに法テラスの法律扶助を利用可能な事務所も大分には多数あり、今現在全く費用を支払える余裕が無い場合でも安心して相談できます。