過去に消費者金融やカード会社から借り入れを行っていた方は過払い金請求の対象となっている可能性があります。 過払い金とは消費者金融やカード会社が余分に請求していた利息のことで2010年以前に借り入れを行っていた方はほぼ全員が返還請求の対象となっています。 このような事態へと発展した理由は貸金業者が守らなくてはならない法律に2つの種類があったことが原因です。

貸金業者が利息を設定する際の根拠としていた法律が出資法と利息制限法でした。 出資法の上限金利の設定は29.2%とされていましたが利息制限法では最大でも20%と制限されており2つの法律の間で設定している上限金利に大きな差がありました。 このうち貸金業者の多くが上限金利の高い出資法に基づき利息の取り立てを行っていたことから利息制限法で計算した時の返済金額と大きな誤差が生じることとなりました。 このような金利の差はグレーゾーン金利と呼ばれ以前から問題視されていました。

グレーゾーン金利は各地で訴訟の対象となっていましたが最近になって最高裁判所による判断が行われ、貸金業者が利息設定の根拠としていた出資法に基づく金利設定は違法との判決が下りました。

これにより2010年以前に借り入れを行い利息を支払った人や2010年から現在まで返済を続けている人は払いすぎていた利息を裁判などにより取り戻すことができるようになりました。 このような一連の流れを過払い金請求といいます。 過払い金請求には時効があります。

最後に取引を行った日から10年間請求を行わなかった場合は請求権を放棄したとみなされるので、過去に消費者金融やカード会社で借り入れを行ったことのある人は期日までに請求権を行使するようにしましょう。

奈良でも過払い金に関する相談が弁護士事務所に数多く寄せられています。 弁護士事務所では過払い金請求の対象となっている可能性のある人達に向けて無料の相談会を開いたりインターネットサイトで情報の提供を行っています。 奈良で過払い金請求の対象となっている可能性のある方はまずインターネットサイトで過払い金問題の状況を把握し弁護士事務所で相談するとよいでしょう。

過払い金請求は弁護士事務所に相談すればスムーズに解決できます。 借り入れを行っていた貸金業者から取引履歴を取り寄せ、弁護士とともに正しい利息計算を行います。

それにより過払いが生じていると判断された場合には弁護士が貸金業者から払いすぎた利息の返還を求めます。 返還までの期間もほとんどかからないので、奈良で過払い金が生じている可能性のある方は弁護士事務所で相談しましょう。