過払い金請求とは、「借金を返済しているときに払い過ぎてしまった利子を返してほしいと請求する」ことです。どうしてこのようなことができるのかというと、それは簡単です。借金をする際に貸す側は「このくらいの利子が付きます」という訳ですが、その利子の率と言うのは法律で決まっています。ところが、法律で決まった以上に利子をつけている業者と言うのが存在します。

つまり、法律違反です。そのため、このような場合は正式に「違反分を返してほしい」と請求すると、多く払った分を返してもらえるという訳です。また、まだ返済途中だった場合は、残りの債務額が減るという形になります。

過払い金請求のメリットは、上記のとおり、払い過ぎた分のお金が返ってくるという点です。借金の金額が多ければ、その額も大きくなり、百万円以上返ってくる場合もあります。ただし、デメリットもあります。

まず、返済が完了していないときに過払い金請求を行うと、消費者にとって不利益な場合があることです。(返済が完了後の場合はこのようなことはありません)いわゆるブラックリストに載ってしまうのです。

そうすると、請求後数年は銀行などでローンを組めなくなることもあり得ます。専門家にこれらのことは確認するといいでしょう。また、専門家にお願いしないとなかなか請求できないということもデメリットのひとつと挙げられます。

個人で動いても業者がこの請求を受け付けないこともあるのです。そのため、手数料はかかりますが、司法書士が弁護士にお願いするのが確実です。最近は過払い金があるかどうかを調べる分には無料ということも多く、成功報酬(過払い金が返ってきたら手数料を払う)というシステムの事務所もあるので、今は手元にお金がないという人も、申し込むことができます。

このようにメリットとデメリットはあるものの、もしも実際に過払い金があるのであれば、まずは自分で動くことが大切です。これらの請求は自分が動かないと他の人が助けてくれるということはあり得ません。最近はインターネットを通じて専門家にお願いすることもできるので、自分の住んでいる地域に専門家がいない場合も、諦めずに調べてみましょう。