過払い金請求をするには、まず取引履歴を取りよせると良いです。取り寄せ方は、貸金業者によって異なります。電話一本で行えるところや開示請求の申込書を出さなければならないところ、開示資料が有料なところ様々です。

また何に利用するかを聞かれる場合もあります。その場合には、返済が残っている場合には返済計画を見直したい等と伝えれば良いです。取引履歴を入手した後は、引き直し計算をします。

引き直し計算をするには、インターネット上にある無料のソフトを利用すると便利です。引き直し計算をした結果、過払い金がある場合には、請求書を業者に請求します。請求書は郵送で送ります。

送る際には、普通郵便でもかまいませんが、内容証明や配達記録を利用する方が確実で良いです。書き方に困った場合には、ネット上にあるひな形を確認し作ると簡単に作ることができます。

郵送で送った後に、きちんと連絡をしてくる業者もありますが、連絡が来なかった場合には電話にて再度連絡してみると良いです。その際に、電話で和解できれば良いですが、和解できなくなった場合には提訴という形になります。

また和解時に提示された金額が、自分の請求した価格とあまりにもかけ離れていた場合にも提訴をおすすめします。過払い金請求で提訴をする場合は、金額によって裁判所が異なります。140万円以下の場合には、簡易裁判所に提訴します。140万を超える場合には、地方裁判所に訴状を提出します。訴状を出す際には訴状の書式を確認します。

これもネットで検索すれば様々なフォーマットが存在します。こういったフォーマットを利用することで、書類を安価に作ることができます。また訴状を提出する際には、代表事項証明書を用意する必要があります。これは近くの法務局で作成することができます。

代表事項証明書を作るには貸金業者の会社名と住所が必要になります。その他書類提出時には、切手が必要になりますので、お金を持参して行くと良いです。書き方がわからなかった部分等は、裁判所提出時にチェックをしてもらうことができます。提訴した場合には、殆どの場合で過払い金請求が和解します。請求をすることは、借りた側の権利です。