過払い金請求とは債務整理の一つで、過去に払いすぎた利息の返還を請求する手続きです。現在の法定金利の上限は、借り入れが10万円以下の場合は20パーセント、10万円から100万円の場合は18パーセント、100万円以上の場合は15パーセントに設定されており、これを超えた利息の請求は、過去にさかのぼって返還請求を行うことができます。

過払い金請求の対象となる借り入れは、そのほとんどがクレジットカードのキャッシングで、クレジットカード業者は、グレーゾーンと呼ばれる29パーセントの利息を、問題視されるようになった2009年までほとんどの業者が設定していました。そのため、これ以前のキャッシングによる借り入れが、過払い金請求の対象となります。 過払い金請求を行う場合、個人で行う方法と、弁護士や司法書士に依頼する方法があります。

個人で行う場合、まずクレジットカード業者側に取引履歴の開示請求を行い、取引履歴に基づいて過払い金額を算出する、引き直し計算を行います。この時、業者によっては既に引き直しを行った取引履歴を開示してくれることがありますが、個人請求の場合、ほとんどの業者がわかりにくい取引履歴を開示する傾向が強く、実際に請求を行っても回収率は約5割と言われています。

一方、弁護士や司法書士のような専門家に依頼した場合、同様に取引履歴の開示請求を行いますが、クレジットカード業者は専門家が開示請求を行った場合、計算しやすい取引履歴や、既に引き直し計算を行った取引履歴を開示してくれる傾向が強く、返還請求を行うと、約8割から満額返還にも期待が持てます。

このため、最近では過払い金請求を専門家に依頼する方が多く、事務所の数も年々増加しています。このような傾向は宮崎県にもあり、県内で事務所を探す場合、一つ一つ事務所の詳細を確認していると、大変な時間の浪費となります。

そこで活用できるのがインターネットの口コミで、口コミには宮崎県内の事務所の詳細が掲載されているだけでなく、実際に依頼した時の体験談なども確認することができます。口コミは全ての情報が信頼できるわけではありませんが、プライバシー保護や、費用など、自分が重視する点について評価する口コミが多い事務所は、ホームページなどで詳細を確認してみましょう。

このように、口コミを利用することで、事務所探しの手間を省けるだけでなく、最適な事務所に出会う確率も高まります。宮崎県内の事務所に関する口コミを探す場合は、過払い金請求、宮崎、口コミと検索サイトで検索し、積極的に活用しましょう。