過去に、利息制限法の上限利率を超える金利で消費者金融からお金を借りた経験がある人は、払いすぎていた金利分を返してもらうことができます。利息制限法によって定められている上限利率は、最大で20%になっています。

厳密にいうと、元金の額によって適用利率が18%や15%になることもあるのですが、一昔前までは出資法の上限利率である29.2%の金利を徴収する消費者金融が大半になっていました。ざっくり言って約10%も多く金利を取られていたことになりますので、借金返済の重い負担で苦しめられていた人がいかに多かったかを容易に想像することができます。  

兵庫県にお住まいの方が、過去に払いすぎた金利分を返してもらいたいと考えているのであれば、過払い金請求を行っている法律事務所や司法書士事務所に足を運んで相談してみるとよいです。兵庫県内には、過払い金請求を得意としている法律事務所や司法書士事務所がたくさんあります。

どうせ料金を支払ってサポートサービスを受けるのであれば、兵庫県内でも過払い金請求で有名になっている事務所を利用するようにした方がよいです。各消費者金融は、手ごわい弁護士や司法書士のリストを持っていますので、過払い金請求で名の知れている弁護士や司法書士を利用すると、すぐにお金を返してもらえる可能性が高くなります。

逆に、過払い金請求をほとんど行ったことがない弁護士や司法書士を利用すると、いつまで経っても過払い金を取り戻すことができないおそれがありますので、注意する必要があります。  

時折、過去に高い金利でお金を借りていたのは事実だけれど、過払い金が発生しているかどうかを自分で判断することができないという人がいます。過払い金の有無を確認するためには、利息の引き直し計算をする必要があります。

ただし、この計算はなかなか複雑ですので、一般の人が自分で計算するのはほぼ不可能です。ですが、弁護士や司法書士の事務所へ行って利息の引き直し計算をしてもらった後で過払い金がないことがわかると、お金を返してもらえないだけでなく、手数料を取られてしまうことになると心配する人が多いです。

しかし、多くの事務所が初回相談料を無料にしていますので、利息の引き直し計算をしてもらうだけで料金を請求されるようなことはほとんどありません。また、電話やメールで引き直し計算をしてもらえる事務所もありますので、あまり経済的な余裕がない人でも利用しやすくなっています。