過払い金請求は、貸金業者に払いすぎたお金を請求して取り戻す手続きのことです。貸金業者からの借入の際にかかる利率は利息制限法で上限が定められています。それを超えた利率で貸金業者と取引をしていた場合に発生するのが過払い金です。過払い金は本来払わなくても良いお金ですので請求して取り戻すことができます。

完済している人でもまだ債務が残っている人でも行うことができる手続きですが、過払い金請求には時効が存在します。最後に取引をした日から10年以内に手続きをする必要があるので、取引履歴を見て日付を確認しておくことが大切です。過払い金請求の手続きは、個人で行うことも可能ですが弁護士に代理人を依頼して手続きをしてもらうのが一般的です。そのために、まずは弁護士を探すことから始める必要があります。

福島県で弁護士を探す場合は、検索サイトや福島県弁護士会のホームページで最寄りの法律事務所を見つけるという方法があります。福島県の場合は、福島市、郡山市、いわき市、会津若松市などに事務所を構えている弁護士が多く、とくに福島市の福島地方裁判所の周辺に法律事務所が密集しています。直接法律事務所に依頼をすることに抵抗がある場合は、弁護士会や自治体やNPO法人などが設けている法律相談窓口を利用したり無料法律相談会に参加してみるという方法もあります。

借金問題専門の窓口や電話相談や有料相談などもありますのでそれぞれのホームページなどで確認してみましょう。そこで担当してもらった弁護士に代理人を依頼するということも可能です。弁護士への依頼が決まったら契約をして過払い金請求の手続き開始となります。過払い金請求の流れとしては、まずは弁護士から貸金業者へ受任通知を送付して取引履歴の開示請求をします。

開示された取引履歴をもとに引き直し計算をして過払い金の算出をします。算出された金額を請求するために過払い金返還請求書を貸金業者へ送付します。その後、弁護士と貸金業者が電話や文書などで交渉を重ね、合意となれば請求した過払い金が指定した口座に入金されます。しかし、合意とならない場合もあります。

その場合は裁判所に訴状を提出して訴訟へと移ります。その後、和解や判決により返還される金額が決定し入金されます。案件の内容や貸金業者の数や金額によっては手続きが長期化することもありますが、モチベーションを維持して妥協せずに最後まで取り組む姿勢が大切です。