金融機関からお金を借りた時には、利息の支払いが必要になります。利息の利率は契約の内容によって違いがありますが、日本には利息制限法という法律があり、利息の上限には制限があります。利息の上限は借りた金額によって異なり、10万円未満の場合は年率20パーセント、10万円以上100万円未満の場合は年率18パーセント、100万円以上の場合は年率15パーセントが上限になります。20万円のお金を借りた場合の利息の上限は年率18パーセントですので、年率18パーセント以上の金利を設定することは、利息制限法によって禁止されています。

現在の消費者金融の会社のほとんどは利息制限法を守っていますが、昔の消費者金融の会社は利息制限法の上限金利を超える金利を設定していました。そのため、平成22年6月以前に消費者金融からお金を借りていた人の多くは、高い金利を支払っていたことになります。この払い過ぎた金利のことを過払い金といい、過払い金は過払い金請求をすることによって返還される場合があります。過払い金請求をするには法律の専門知識と交渉力が必要になるため、法律の専門知識に乏しい素人が行うことは困難です。

司法書士は法律のプロですので、司法書士に依頼すると、過払い金請求の代行を行ってもらえます。福岡には数多くの司法書士事務所がありますが、認定司法書士が在籍している事務所に依頼すると、過払い金請求をしてもらえます。司法書士に支払う報酬は事務所によって違いがありますが、回収金額の20パーセント程度が相場です。

100万円の過払い金を回収できた時には、20万円の報酬を司法書士に支払うことになります。福岡の司法書士事務所の中には、報酬は回収金額の18パーセント以下の事務所もありますので、そのような事務所に仕事を依頼すると、安い料金で過払い金請求をすることができます。司法書士の報酬は事務所のホームページに掲載していますので、ホームページを閲覧すると報酬の金額がわかります。

福岡の司法書士事務所の中には、過払い金の相談を無料で行っている事務所があり、司法書士に無料で相談することができます。着手金は不要で、報酬は分割払いが可能な事務所も多いので、気軽に過払い金請求を頼むことができます。福岡の司法書士事務所は、あらゆる借金の相談をすることが可能です。借金の内容に応じて、任意整理や自己破産などの手続きをすることができ、借金の悩みが解決します。