福井県在住の人が、過去に利用していた消費者金融に対し、これから過払い金請求を行おうと考えているのであれば、福井県内に事務所を構えている弁護士や司法書士にその請求手続きを全部任せてしまうのが得策です。

過払い金請求を自分自身で行うこともできますが、多大な手間と時間がかかります。具体的には、まず自分が利用していた消費者金融から取引履歴を取り寄せる必要があります。取引履歴が手元に届いたら、そこに記載されている内容に基づいて利息の引き直し計算をすることになります。そして、発生している過払い金の額がはっきりした段階で消費者金融に交渉を持ちかけ、過払い金を返してもらうという手順を踏むことになります。

しかし、現実的なことを考えると、個人が取引履歴の開示を請求しても、言を左右にしてなかなか取引履歴を開示してくれようとしない消費者金融が多いです。取引履歴を手元に取り寄せるだけでも一苦労してしまう場合が多く、その後に必要となる利息の引き直し計算にかかる時間も考えると、時効に間に合わせることができない可能性が出てきます。全てが無駄な努力に終わってしまうおそれがありますので、無理に自分自身で過払い金請求をしようとはせずに、専門家に任せてしまうのが一番です。

福井県には過払い金請求を得意としている弁護士や司法書士がたくさんいますので、重宝することができます。ただし、数多くいる弁護士や司法書士の中には、残念ながら、あまり質のよくない弁護士や司法書士も存在しています。ですので、実際に利用する際には、慎重を期す必要があります。とはいえ、どうすれば良い弁護士や司法書士であるかどうかを見極められるのか、サッパリわからないという人が少なくありません。

確実に良いサービスを受けたいと考えているのであれば、信頼できる人から弁護士や司法書士を紹介してもらうようにするのが望ましいです。また、インターネット上にある口コミサイトをチェックして、評判の良い弁護士や司法書士を選ぶようにするというのも1つの方法です。さらに、正式に委任契約を結ぶ前に利息の引き直し計算をしてもらい、その計算書をキチンと書類にして渡してくれる業者であるかどうかを確認してみることも大切です。

質のよくない弁護士や司法書士は、あとに形になって残るものをなるべく作らないようにします。そのため、計算書なども作成せず、口頭の説明だけで済ませようとするケースが多いです。キチンと書類を渡してくれないような弁護士や司法書士は、警戒してかかるようにした方がよいです。