過払い金請求は現在は広く知られるところとなっています。この問題はグレーソーン金利が問題となり、法改正が行われる前に契約された契約内容の金利が問題で、その金利が法律に違反するとして行うことができるようになりました。

過払い金請求を行うと払い過ぎた金利を取り戻すことができますので、現在の債務(借金)が無くなる可能性もありますし、過払い金が発生しているなら、少なくとも債務の残債は減少することになります。

しかも現在の金利を法定利息内の正常な金利にすることができますので、月々の返済する金額も減少し、元本を早く減らすことが可能になります。

しかしこの過払い金が発生する契約は、2010年6月18日に施行された法改正以前の契約のものに限られます。

法改正後は法定利息を超えての契約は違法でできませんので、法改正後に契約された方は法定利息内での契約になっていると思います。心配な方や、自分の契約している債務の利息がわからない方は、契約書を確認するか直接取引業者に連絡をして問い合わせてみることをおすすめします。

この契約している債務の利息の上限が法律で決められていて、年利15%〜20%以内でなければいけません。なぜ年利に幅があるかというと、元本の金額によって設定できる年利の上限が変化するからです。

元本が10万円未満の場合は年20%・元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%・元本が100万円以上の場合は年15%このように年利の上限が定められています。この年利以上の金利を取られているのなら、過払い金が発生している可能性があります。

ほとんどの場合は法改正以前の契約分になりますが、法改正後の契約でも一部違反をしている業者もあるかもしれませんので、契約書などで確認されて下さい。上記に記した年利内で契約されている方は、正当に法律に基づいて行われている適法な契約ですので、過払い金請求は行えないと言うことになります。

その他にも取引期間が短かったりした場合も過払い金が発生していない場合もあります。この場合は金利は正常な金利にすることを求められますので、過払い金が発生していなくても交渉することをおすすめします。