千葉県に住んでいる人が過去に消費者金融から高い金利でお金を借りていた経験を持っているのであれば、千葉県内で営業している司法書士や弁護士の手を借りて、なるべく早いうちに過払い金請求手続きを取るようにした方がよいです。過払い金請求権が最高裁で正式に認められてから、もうじき10年が経とうとしています。

金銭債権は10年で時効にかかりますので、身に覚えがある人は少しでも早いうちに手続きに取り掛かる必要があります。モタモタしていると、お金を返してもらう権利を失ってしまうことになりますので、躊躇している暇はありません。幸いなことに、千葉県内には過払い金請求を得意としている事務所がたくさんありますので、容易にサポートサービスを受けられる状態になっています。  

そもそもなぜ過払い金が発生したのかというと、貸金の利率を規制する法律が2つ存在しているためです。それは、出資法と利息制限法の2つです。本来、貸金業者が個人にお金を貸し付ける場合は、利息制限法を遵守する必要があります。しかし、昔は利息制限法で定められている上限を超える利率でお金を貸し付けたとしても、その利率が出資法の上限を超えていない限り、貸金業者は罰せられないことになっていました。

また、お金を借りた人が任意に利息制限法の上限を超える金利を支払った場合は有効な金利とみなされるという条文があったため、ほとんどの消費者金融が、出資法の上限ギリギリの金利を客から徴収していました。一言で言ってしまうと、利息制限法が全く機能しない状態に陥っていたのです。しかし、重い金利負担に耐えかねて、最悪の選択をする人が続出するようになったため、利息制限法に実効性を持たせることが強く求められるようになりました。

紆余曲折はありましたが、多くの人の努力によって、最高裁判所がグレーゾーン金利が無効であることを認めたのが、今から10年近く前のことです。その結果、高い金利でお金を借りていた人は、利息制限法の上限金利を超えて支払っていた金利分を取り戻せるようになったのです。  

千葉県内でも、一時期は過払い金請求ラッシュとも言えるような状況が発生していました。しかし、ここ数年は、過払い金請求をする人の数がめっきり少なくなっています。ですが、本当は過払い金の返還を求める権利を持っているのにも関わらず、その事実に気がついていなかったり、請求することをためらったりしている人がまだまだ存在しています。返してもらえるはずのお金をそのまま放ったらかしにしておく必要はないため、多くの弁護士や司法書士が、請求漏れの洗い出しに懸命になっています。