過払い金請求とブラックリストの関係

お金を借りたことがある方は一度考えてもらいたいのですが、自分が返したお金だとしても、過払い金があるのではないかということです。例え全額返し終わっていたとしても、過払い金が発生していれば過去10年間に遡り過払い金請求が出来るという決まりになっています。逆に、その期間を過ぎてしまえば請求は出来なくなりますから、あくまでもこの期間内に行わなければなりません。

この過払い金請求が行われるようになったきっかけは、2010年6月に行われた貸金業法の改正です。これによりお金を借りる仕組みが大幅に変わることになりました。金利の上限についても、それまでは出資法の上限金利が29.2パーセントというものだったのに対し、上限金利が20パーセントと統一されています。この20パーセントと29.2パーセントの間がいわゆるグレーゾーン金利というものになります。以前はこの金額で貸付けを行う貸金業者が一般的でしたか、これが法律上認められなくなってしまったことで過払い金請求が行われることになったのです。

そして弁護士や行政書士の間で過払い金請求をしようという動きが活発化されているということになります。この過払い金返金請求については自分で行うことも可能ですが、手続きが煩雑ですし、実際に貸金業者との交渉となりますと簡単には行きません。

ですから行政書士や司法書士、弁護士などの専門家に依頼をすることが一般的です。どうしても自分で行いたいと考えている方はもちろん借金に関する知識も必要になってきますが、まずは貸し金業者に負けないという強い気持ちを持つことから始めなければなりません。

を行うことによって2010年より前に過払い金請求を行った方はその事実がいわゆるブラックリストに記載されている可能性も考えられます。但し、過払い金返球請求を行った状況次第ではブラックリストに登録されないということが国の方針として明示されているようです。

過払い金請求と債務整理というのは、性質が似ていますのでブラックリストに載ってしまうという状況を引き起こしてしまいましたが、借金を全額返し、その上で支払い過ぎたお金が返還された場合についてはブラックリストに登録されることはありません。もしもそのようなことがあった場合、ブラックリストからの登録を消してもらうことを依頼する必要があります。

過払い金請求をするとブラックリストに載る?

過払い金請求をするとブラックリストに掲載されてしまうと考える人も多いようでね。確かに現在借金がある人なら、ブラックリストにされると、新たに借入ができなくなるなどのデメリットもあるので金額が少なければ過払い金請求をしたくないでしょう。

しかし、弁済後の過払い金請求なら基本的にブラックリストに載るということはありません。これもおかしな話ですが、過払い金請求は、本来支払いすることが不要な利息を支払っていた訳なので、当然の権利です。

それなのにブラックリストに載ってしまうというのはおかしな話です。 そのような声も多くあり、現在では過払い金請求をしたからといってブラックリストに載ることもないようです。ブラックリストに載る事がないなら、少なくともデメリットはないですね。 ただし、ブラックリストには載らなくても、請求された会社からの新たな借入は難しくはなるでしょう。

間違いを指摘されて逆恨みではないですが、はやり一度トラブルを起こした相手とは取引はしたくないという心情は理解できなくもありません。そのようなことを考えて過払い金を請求しない人がごく稀にいます。これも理解はできますが、請求する権利があるのに行使しないのは少し勿体ない気もします。 そこで気をつけなければならないのが、時効の問題です。

借入と支払いを繰り返していると時効の起算日がいつなのかも複雑になってきます。時効になっているかどうかは取引履歴の開示請求を行なえばわかります。 でも実際に個人でここまでするのは非常に難しいものです。

手間隙かかる割にはさほど返還されたいケースもあります。 過払い金請求できるのではと考えれるのなら、弁護士などに依頼する方法もあります。基本的に相談に乗ったりするのは無料で行なってくれます。

そして過払い金請求の手続きなども無料で請け負ってくれるのが最近では当たり前になってきています。しかし、弁護士もただでは仕事はしてくれませんので、成功報酬という形で報酬を得るようにしています。無事に過払い金返還手続きが終了し、依頼者に返金された金額の一部を報酬としていただく方法です。これなら利用者も安心して過払い金の請求依頼ができますね。

ページの先頭へ