複数の貸金業者からの借り入れによる多重債務に悩まされている人は多いのではないでしょうか。借り入れを重ねていくうちに借金がどんどん膨れ上がっていき自力での返済が不可能になれば最後は自己破産をするしかなくなってしまいます。自己破産をするとなると不動産や自動車などの高額な財産は没収されてしまいますし、官報という国の機関紙に名前と住所が載ってしまいます。

さらに、金融機関のブラックリストにも載ってしまうため自己破産をした後の数年間は新たな借り入れやローンの利用などができなくなってしまいます。そうなる前に手を打っておくことが大切です。その方法として、少しでも危機を感じた時点で任意整理を行うという選択が重要になります。小さな問題が大きな問題へと発展する前に対策を講じるということが大切です。

任意整理は、過払い金請求などの手続きをして借金を減額させる手続きです。過払い金請求とは、貸金業者に払いすぎたお金、すなわち過払い金を請求して取り戻す手続きのことです。過払い金は、貸金業者からの借入時の金利が利息制限法で定められた上限よりも高い違法な利率だった場合に発生します。いわゆるグレーゾーン金利というものです。その超えた分を手続きにより請求することでお金が戻ってきます。その戻ってきたお金を今ある借金に充当して任意整理に役立てます。借金が大幅に減ることもありますし、プラスに転じて借金がなくなることもあります。

過払い金請求は、貸金業者に債務がある人は勿論のこと、既に完済して債務が残っていない人でも手続きをすることができます。そして、過払い金請求には時効があるということも理解しておかなければなりません。貸金業者と最後に取引をした日から10年が経過すると時効が成立してしまい請求することができなくなってしまうのです。

取引履歴の日付を確認し、余裕を持って手続きを行うことが大切です。任意整理や過払い金請求などの手続きは、法律事務所の弁護士に依頼するのが一般的な方法です。ですので、手続きを行うに際してまずは法律事務所の弁護士を探すことから始める必要があります。法律事務所を構えている弁護士は日本全国にたくさんいます。

青森県にも青森市や八戸市や弘前市などを中心に多くの弁護士が法律事務所を構えています。その中でもとくに多く見られるのが青森地方裁判所がある青森市長島です。ホームページを開設している法律事務所も多いので、弁護士費用や在籍している弁護士の得意分野や実績などについてチェックしてみましょう。そして、問い合わせをして法律相談の申し込みをしましょう。借金問題の解決は早いに越したことはありません。大きな問題になる前にまずは一歩を踏み出しましょう。