消費者金融や信販会社から長年にわたって借入をしていた人は、利息を払い過ぎて過払い金が発生している可能性があるという宣伝を耳にしたことがある人は多いと思われます。なぜこうした過払い金が発生する可能性があるかというと、かつては消費者金融などは利息制限法の上限金利以上であるグレーゾーン金利といわれる金利帯で貸出を行っていたからです。

グレーゾーン金利とは利息制限法の上限金利以上で出資法の上限金利未満の範囲の金利のことを指し、この金利で貸出をしても違法ではないと考えられていたからです。しかし、最高裁で無効とする判決が出たことを受け法改正がされ、現在は消費者金融なども利息制限法の上限金利の範囲内で貸出を行うようになっています。

こうして発生した過払い金については、自動的に消費者金融等から借り手の側に返還されるわけではなく、返還を求めるためには借り手の側が過払い金の返還請求手続きをする必要があります。過払い金請求の手続きについては手間もかかるため個人で行うのは困難なのが実情です。

そのため、愛知県で過払い金請求を検討されているのであれば、過払い金請求手続きの実績がある弁護士や司法書士に相談されることをお勧めします。法律の専門家である弁護士や司法書士といえども、それぞれ得意分野と経験の少ない分野があることが一般的ですので、経験豊富な専門家に相談することをお勧めします。

弁護士や司法書士への相談というと敷居が高いと感じたり、相談料や着手金などの費用について心配する人も少なくないといわれています。しかし、愛知県には相談料や着手金不要で成功報酬のみで過払い金請求手続きを行ってくれる法律事務所も存在します。そのため、愛知県で過払い金請求をお考えであれば、事前に相談料や着手金の有無などをホームページなどで調べたうえで専門家に相談してみることをお勧めします。

過払い金の返還については時効により請求できる期間に限りがあるため、自分のケースで過払い金が発生しているかどうかわからない場合でも、まずは一度早めに専門家に相談だけでもしてみることをお勧めします。

その時お金を借りることができて助かったという思いなどから返還請求をためらう人も少なくないといわれていますが、払い過ぎた金利分の返還請求については当然の権利の行使であるため、迷わずに手続きを行うことをお勧めします。場合によっては思っていた以上の金額が手元に戻ってくるケースも少なくないといわれています。