過払い金請求ランキング

樋口法律事務所

過払い金請求 任意整理 自己破産 女性専用窓口

無料電話相談:0120-804-608

家族に知られたくない人や費用を抑えたいと考えている人におすすめの事務所が樋口法律事務所です。口コミでも納得...

サルート法律事務所

過払い金請求 任意整理 自己破産

無料電話相談:0120-796-690

依頼者にとって最適な方法で借金問題の解決を目指すサルート法律事務所は...

過払い金請求とは?

借りたお金に対しての利息や払い過ぎがある場合は、過払い金請求をすることをお勧めします。過払い金請求とは、消費者金融やクレジット会社、デパートカードなどの貸金業者が利息制限法の上限を超えて撮り続けた利息の払い戻しを要求することです。日本の労働者は5人に1人がキャッシングを利用した経験があり、人によっては複数の貸金業者から借り入れを行っている場合があります。

また、年収の少ない人や専業主婦が借り入れを行うと、利息を返済するだけでも大変で元金を返済できない人が多くいます。さらに日本では昔から利息制限法という法律で10万円から100万円未満のキャッシングについては利息18%以上を取ってはいけないと決められていますがそれ以上の利息でお金を貸しているところが多くあります。

初期費用がなくても大丈夫?

このため、全額返済している人の中にも過払いとなっている人が沢山います。過払い金請求をするためには、法律のプロである弁護士や司法書士に相談することがお勧めです。その中でも司法書士事務所を利用すれば、初期費用や着手金制度を廃止しているところが多くあるので、お金を気にせず相談することが出来ます。

土日祝日の対応や無料相談も行われているので、自分の都合に合わせて時間を確保して相談することが出来ます。過払い金請求を検討しているのであれば、早めに行動することがお勧めです。過払い金返金請求には借金を完済した翌日から10年間という時効が設けられているため、その期間を過ぎると請求ができなくなります。さらに取引していた貸金業者が倒産していると、過払い金が存在していても請求することができなくなります。

家族にばれるのか?

また、司法書士へは土日祝日に相談することが出来ますが、訴訟や調停は平日に裁判所で開かれるため、休暇を取得することも必要となります。家族や恋人などに借金を隠しているのなら、個人で過払い金請求を行うと裁判所からの書類や貸金業者から届く取引履歴などの書類が自宅へ届けられることになるので、秘密にしておくことは難しくなります。

しかし、司法書士事務所を通して過払い金請求を行えば、必要書類のすべてを携帯電話のメールで知らせたり書類を郵便局留めや無為の茶封筒で送るなど対応してもらうことが可能となります。過払い金があるかについては、無料でインターネット上で計算することも出来るので気になるのであれば、早めに行動して確認することをお勧めします。

過払い金請求の事は法律事務所に相談

利息制限法の上限金利を越えて債務をすべて返済してしまった場合、お金を返し過ぎてしまったことになりますので、たとえその金利でお金を借りるといった契約書がありましても過払い金請求の訴えを起こすことで払いすぎたお金を回収することができます。ちなみに、過払い金請求の訴えを起こす相手が大手の消費者金融会社や銀行であれば、簡単に訴えに応じてくれる可能性が高いので、一度債権者である金融機関に問い合わせてみることをオススメします。

問題は、そのような問い合わせに対して取引履歴の開示を拒否する業者や、もしくはそもそも過払い金請求の訴えに応じないような業者の場合になります。このような業者を相手に自分一人でいくら過払い金を返して欲しいと訴えたところで意味はありませんので、法律上の手続きにのっとり、民事訴訟を提起することが一番の近道になります。

専門知識が必要

第三者を介入させることで強制的に過払い金を回収することができますので、訴えに応じない業者を相手にする場合は法律に訴えた方が効果的です。しかし、このような訴訟行為をするためには専門的な知識が必要不可欠になりますので、債務者は法律事務所に相談して弁護士を雇い、あとは全てプロに任せてしまった方が面倒ごとに巻き込まれずに、スムーズに過払い金を回収するやり方になります。

裁判所を通じて民事訴訟を起こしますと、場合によっては裁判が長期化する恐れもありますが、このような法律と交渉のプロに依頼することで場合によっては訴訟を起こさずに過払い金を回収することも可能になりますので、訴訟にかかる費用や時間を短縮したいのであれば過払い金請求を専門としている弁護士への相談がもっとも適切になります。

事務所によって料金設定が違う

では、過払い金請求の訴えを起こす場合は弁護士に相談すればよいのかと言いますと、他にも司法書士にもこの手の相談はできますので、お近くに弁護士事務所がなければ司法書士を探すことをオススメします。法律事務所でプロに依頼する場合、民事訴訟ですと相談料と依頼料が発生しますが、弁護士の中には成功した場合のみ報酬を受け取るという、成果報酬の形をとるところもありますので、少しでも費用を抑えたい場合はこのような弁護士に相談することを推奨します。

過払い金請求以外の方法も

また、過払い金請求以外にも借金を返済する方法はあります。それは債務整理です。過払い金が発生していない状況で借金の返済が困難な場合は、債務整理で借金の問題を解決する事ができます。しかし、債務整理には、メリット、デメリットがありますので、しっかりと理解した上で手続する事をおすすめします。

弁護士や司法書士に依頼すると、即日で督促がストップし、スムーズに手続を行ってくれます。この事は過払い金請求でも同じ事ですので、やはり、弁護士、司法書士の知識を借りる事が1番の解決方法という事になります。債務整理方法は債務状況によって異なってきますので、自分の債務状況に合った債務整理を行っていきましょう。

過払い金請求の期限が迫っている

過去に消費者金融等の貸金業者で20%以上の金利で取引をされたことがある方は、過払い金請求の期限が迫っています。利息制限法では、限度額に応じて10万円以下の限度額での契約や上限金利20%、10万円から100万円未満の限度額は18%、100万円以上の限度額で契約をされていた方は15%が上限金利での契約となっているのですが、例えば50万円の限度額で金銭消費貸借契約をしているにもかかわらず金利が29.2%で契約をしたいた場合には違法な金利で発生した利息を支払っていたことになり、本来支払う必要もない利息を多めに支払っていたため過払い金として請求をすることができるのです。

時効が迫っている!?

しかし、その過払い金ですがいつでも請求できるわけではないのです。確かに過去に消費者金融から20%を超える金利で契約をしていたことはあったけれど、手続きが面倒そうだからまだ先で暇になってからでいいと思っている方、そういった方は今すぐにでも手続きが必要になります。その理由は、過払い金請求には時効があるからです。完済をした日から10年経過してしまうと時効によって請求する権利を失ってしまうからです。現在でこそ、消費者金融等の貸金業者の貸出金利は貸金業法が改正されて違法な金利で営業をしている金融御者はほぼいないといっていいのですが、貸金業法が改正された2010年以前から取引のある方、またはそれ以前に完済をされた方で過払い金請求をされていない方は、時効が迫っていますので早急に手続きが必要になります。

過払い金請求は正当な権利

高い金利で取引していたけれど一度はお世話になったからどうしても過払い金を請求するのは気が引けると感じてためらっているかたもいらっしゃいますが、消費者金融は違法な金利であると分かっていながら貸す側が有利な立場ですので平気で高い金利で融資をしていたのです。何も過払い金と取り戻すことは悪いことではなく、正当な権利であるのです。特に長期間取引をされている方ですが、何回かに分けて利用されている方は要注意です。

早めの行動が必要

平成初期からお金を借りており5年程度で完済し、その後2年程度ブランクがあり再度利用した、また完済して再度借入れをした、このように取引が何度かに分かれているケースです。そうなると、それぞれ個別の取引とみるのか一連の取引とみるのかで過払い金の発生金額に差がつくのです。一連取引の方が過払い金額が大きくなります。個別の取引とみる場合はそれぞれで計算するので少なくなります。さらに最初の取引が完済日から10年経過していると過払い金請求の対象とならないことがありますので、過払い金請求をするのであればいずれも早めに手続きをしたほうがよいことになります。

過払い金請求を考えている方

これまで消費者金融を利用したことがある方で、過払い金請求を検討している方はまず法律事務所に相談をする前に確認をしてほしいポイントがあります。一点目は、5年以上取引をしていることです。二点目は、完済をした日から10年経過していないことです。

5年以上、以下の違い

ひとつめの5年以上の取引期間についてですが、単純に消費者金融からお金を借りていました、これだけでは過払い金が発生していないのです。利息制限法で定められている上限金利(利用限度額に応じて15%〜20%)を超える金利で5年以上取引をしていたことが条件となります。

5年以下の取引期間であると、過払い金が発生しないことが多いのです。5年以上の期間があれば、過払い金が発生している確率が高くなります。貸金業法が改正されて上限金利が引き下げられたのは、2010年6月です。これ以降の契約は、すでに法律の範囲内での契約金利ですのでいくら取引期間が5年を超えていますといったも過払い金は発生していないです。

キャッシングでも過払い金が発生

さらに、各金融機関一斉に2010年6月から利息制限法以下の金利で融資を始めたのではなく、法律が改正されるのを見越して前倒しで実施していますので、2008年くらいからのキャッシング契約はすでに利息制限法に合わせた金利となっています。そのため最低でも2000年代前半からキャッシングの契約を開始して取引をしている人には過払い金が発生している可能性があります。

金融業者が倒産すると?

2つめのポイントとして、完済をした日から10年経過していないことです。過払い金請求には時効がありますので、10年経過すると請求することができなくなるのです。そのため時効が到来する前に請求手続きをする必要があります。また取引していた金融業者が倒産して会社がなくなってしまっても請求することができなくなる、無い袖は振れませんので早めの手続きが必要になります。

また、注意しなければならないのは完済と借り入れを何度も繰り返して取引をされたいた方です。2000年から取引をしている、そして2005年に完済をした、その後にまたお金が必要になったとして2006年に借りいてをしています。2005年の完済時は解約手続きはしておらず2006年に再借入れしています。2006年からの取引は2012年に完済をして解約をしています。

この場合ですが、2000年から2012年までの取引を一連の取引とみるのか、2000年〜2005年、2006年〜2012年のそれぞれ個別の取引とみるのかで過払い金の金額も違ってくるのです。この点が訴訟の争点となるのですが個別取引となる場合は2005年までの取引は時効が成立して請求できなくなりますので、早めの手続きが必要になるのです。

ページの先頭へ